インプラント・歯周病・審美歯科・虫歯治療・予防歯科なら堺市西区の浦田歯科クリニックにお任せください

Einglish page
浦田歯科クリニック
フリーダイヤル
0120-468-824
〒593-8315 大阪府堺市西区菱木2-2425-1 プランドール1F
診療時間 9:30~13:00 14:30~19:30 (土曜のみ ~17:30まで)
休診日 木曜日・日曜日・祝日 浦田歯科クリニック
HOME»  歯周病治療

歯周病治療

歯周病治療

歯科疾患の中でむし歯治療と並んで多いのが歯周病です。
歯周病は歯肉と歯とをつないでいる歯肉コラーゲン線維が細菌感染によって破壊されていく疾患です。

歯周病の初期症状は歯磨き時の出血や口臭です。
長い年月をかけてジワジワと歯肉線維を破壊していきますので、自覚されないことが多いのも事実です。

歯が動いてきたり、歯肉が下がって歯が長く見え出すと、既に進行した歯周炎状態に陥っていますので、早急な歯周治療を必要とします。
また、歯周病に罹患している方は、同時に心筋梗塞や糖尿病の発病に関連することが最近の研究からわかってきています。

歯周病治療では、単に歯石を取ることが目的では行うのではなく、歯周病の成り立ちからプラークコントロールの意味合い、そして予防方法まで知ってもらい、患者様の長期間健康で安定した歯肉歯周組織の維持を目的として行っております。

歯周病と進行について

歯周病

歯周病とは、歯垢(プラーク)が歯肉に付着し、その付着した歯垢内の細菌によって引き起こされる病気です。
歯と歯茎の境目から、歯根に沿うように歯周病菌が侵入し、歯を支えている箇所を徐々に破壊していきます。

歯根の周囲には歯根膜という、いわゆる“毛”が生えており、歯は歯槽骨とその毛でつながれて支えられています。
歯周病とは、一口で言うとその毛が歯周病細菌のせいで炎症を起こして抜けてしまい、歯と骨との結合が無くなる事で進行する病気です。

歯を失う最大の原因

歯を失う最大の原因 統計によれば、35歳の方では約80%以上の方々が歯周病患者だと言われています。
しかし、35歳になってから急に歯周病になってしまうというわけではありません。

実は20代後半の頃から少しずつ進行しており、長い歳月をかけ、歯肉をジワジワと気付かれないスピードで壊しております。
歯ぐきから血が出るという自覚症状がでる30代の頃には、既に歯肉炎・歯周炎になっています。

歯周病は虫歯と違ってほとんど痛みがないため、 気付いた時には抜かないと…ということも多々ある恐ろしい病気です。

歯周組織再生術の症例

歯周組織再生術の症例 施術前 歯周組織再生術の症例 施術後
治療前 治療後
この症例は、左側下顎第一大臼歯の分岐部(大臼歯は歯根が複数あります。
その歯根と歯根の間の部分の清掃しにくい部位)に歯周病菌の感染が起こり、出血、腫れとともに痛みを伴いながら歯周組織が破壊されてしまう分岐部病変という状態になっています。
これに対し、歯周組織再生術を行いました。

歯周組織の再生療法は歯周病のすべての症例に適応できるわけではありませんので、その見極めが重要となります。

歯肉炎の臨床写真

歯肉炎の臨床写真 歯肉炎は歯ぐきの内部に炎症がとどまっており、結合組織性付着および歯槽骨の破壊が起こっていない状態です。

歯と歯の間の歯肉が腫れ上がり、毛細血管が拡張しているため赤みを帯びて今にも出血しそうな状態がうかがえます。
また、歯肉に接する歯面には、歯肉炎の原因となる白く、粘着性のある細菌性プラークが沈着しています。

治療法は、原因となり細菌性プラークを取り除くことです。
すなわち、ブラッシングが治療の中心となります。